kinoto Column

本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストーブの良さを、知り尽くす。

20051501.jpg

一戸建てでは、幅広い選択肢の中から暖房器具を選ぶことができます。
今回はその中でも薪ストーブについて見ていきましょう。
今、薪ストーブを選ぶ人が増えている理由と、その魅力をご紹介します。

【薪ストーブの魅力・その1】
吹抜けのある大空間で、冬でも暖かく過ごす。

20051505.jpg

吹抜けのある空間、気持ちがいいですね。
でも、大きな空間を作る時には、その部屋の温度管理についても十分注意しなければいけません。
特に、日本の冬は底冷えがすることも多いですよね。
その点、薪ストーブなら、空間全体を包むように暖めることが出来るので2月や3月の寒い朝も快適に過ごせるでしょう。

この物件をWorksでみる

【薪ストーブの魅力・その2】
キッチンに近いと、使い勝手の幅が広がる。

20051502.jpg

薪ストーブは、ただの暖房器具ではありません。
中には、調理器具として大活躍する、優れものの薪ストーブもあります。
ピザは石窯で焼いたようにパリッと焼けますし、コトコト時間を掛ける煮込み料理も出来ます。
キッチン近くに薪ストーブを配置すれば料理する人にも便利ですし、家族みんなで料理を楽しむことが出来そうです。

この物件をWorksでみる

【薪ストーブの魅力・その3】
視覚から、暖をとる。

20051503.jpg

人間にとって視覚から入ってくる情報はとても重要です。
冬の晴れた日には太陽の下に出たくなりますし、曇りの日には実際の温度より気持ちが下がってしまいますよね。
それと同じことが薪ストーブの炎を見ることでも起きるのです。
実際に燃えている炎を見ると暖かさや安心感を感じますし、様々な形を作る炎のゆらぎには、人をリラックスさせる効果もあるようです。

この物件をWorksでみる

【薪ストーブの魅力・その4】
土間に設置して、メンテナンスも気軽に。

20051504.jpg

薪ストーブの手間は、メンテナンスでしょうか。薪を用意したり炭を掃除したり。
実はこの作業が楽しみで、とおっしゃる方もいらっしゃいます。
さらに、設置する場所を考えることで、手間や時間を減らす工夫も出来ます。
メンテナンスが心配な方は設置場所を考えてみましょう。
例えば土間なら少々汚れてもその後の掃除も楽ですね。

この物件をWorksでみる

薪ストーブには様々な魅力がありましたね。
空間全体を暖かく包み込む暖房としての機能はもちろんですが、調理器具として使うことで、生活に潤いが加わりそうです。
家の中で、気軽にバーベキューやキャンプの感覚まで味わえると、ちょっとした非日常感を楽しめます。
そのほかにも休日は家族で薪割りをやってみるのも面白いイベントになりそうです。
お友達や近隣の方を巻き込んでみるのもいいかもしれません。
太古の昔から、人は火を囲んできました。薪ストーブがあれば、家族が自然に集まってくる家になりそうですね。

  1. 本棚があると、暮らしはもっと豊かになる。
    025本棚があると、暮らしはもっと豊かになる。
    本を読むという行為は、人が昔から大切にしてきた文化のひとつ。どんな絵本を読んで育ったのか、どんなジャ...
    記事を読む
  2. 階段を「どうつくるか」で、家全体の精度をあげる。
    024階段を「どうつくるか」で、家全体の精度を...
    家を2階建てや3階建てにする場合、欠かせないのが階段です。「階段なんて、ただ上の階に上がったり、下の階に下...
    記事を読む
  3. 空間を活かした、書斎の新しいスタイル。
    023空間を活かした、書斎の新しいスタイル。
    仕事や趣味に集中するのにピッタリな「書斎」。しかし最近は、「自分の部屋よりも、家族みんなで過ごすリビン...
    記事を読む
  4. その農地、住宅として活用してみませんか。
    022その農地、住宅として活用してみませんか。
    「所有している田畑を有効に活用したい」「使われなくなった実家の農地に家を建てることができるのだろうか」...
    記事を読む
  5. 移住、二拠点生活......「奈良で暮らす」という選択。
    021移住、二拠点生活......「奈良で暮ら...
    法隆寺や奈良公園など、多くの観光資源を擁する古都・奈良。国内外から年間約1700万人が訪れる※1人気の観...
    記事を読む
  6. 洗面室にこだわれば、暮らしがもっと豊かになる。
    020洗面室にこだわれば、暮らしがもっと豊かに...
    みなさんは、洗面室にはどんな役割があると考えていますか。入浴の際に使うスペース、顔や手を洗う場所、身支度...
    記事を読む
  7. 家事室があると、日々の雑事が軽減するという方程式。
    019家事室があると、日々の雑事が軽減するとい...
    家事室というちょっとしたスペースがあると家族の生活はどのように変わっていくのでしょうか。家族がいれば、家...
    記事を読む
  8. キッチンが中心にある家をお勧めする理由
    018キッチンが中心にある家をお勧めする理由
    キッチンが中心にある家とは、どんな家でしょうか。家で過ごす時間の中で、家族が集まる場所と言えば、食事時の...
    記事を読む
  9. 本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストーブの良さを、知り尽くす。
    017本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストー...
    一戸建てでは、幅広い選択肢の中から暖房器具を選ぶことができます。今回はその中でも薪ストーブについて見てい...
    記事を読む
  10. 職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る店舗併用住宅のススメ
    016職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る...
    店舗併用住宅というと、お店を経営する人だけのものと思ってしまうかもしれませんが、昨今の働き方改革で、在宅で...
    記事を読む
  11. ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージをもっと、楽しもう。
    015ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージ...
    一戸建てにはガレージ。そんな風になんとなくセットで考えていませんか?実はガレージは車を止めておく以外にも...
    記事を読む
  12. 平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です。
    014平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です...
    平屋とは、1階建ての家のことです。2階建てや3階建てが主流の今ですが、なぜ平屋が贅沢なのか、なぜ平屋で...
    記事を読む
  13. アウトドアリビングは、どこまで楽しめる? 限界を作らない暮らし方、楽しみ方のアイデア
    013アウトドアリビングは、どこまで楽しめる?...
    「アウトドアリビング」とは、家の外にあるリビング的な役割のことですが、使い方や作り方のアイデアも実に様々...
    記事を読む
  14. あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    012あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    昨秋、kinotoギャラリーの庭を手がけた庭師の方が三十代後半という若さで亡くなりました。kinotoの...
    記事を読む
  15. ポーチ - エントランス - ストレージの関係
    011ポーチ - エントランス - ストレージ...
    ポーチは家の出入りの時に、外と中を繋げる「間」となる、準備空間です。「家についてすぐに玄関」のドアではな...
    記事を読む
  16. 新ブランドコンセプト「This is NORMAL.」について。
    010新ブランドコンセプト「This is N...
    「kinotoの家づくり」を考え抜き、思索を重ねる中でつかんだ答えが「NORMAL」でした。
    記事を読む
  17. 家事をデザインするということ
    009家事をデザインするということ
    「家事を楽しく」という提案は、多くの人が行ってきました。しかし、「楽しくする」だけでいいのでしょうか?
    記事を読む
  18. 子育てと家づくり
    008子育てと家づくり
    kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、非常に密接なものだと考えています。
    記事を読む
  19. 土間...古くて新しい空間のご提案。
    007土間...古くて新しい空間のご提案。
    『kinoto』では、土間を再評価し、「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れています。
    記事を読む
  20. 未来を見据えた収納スペースのかたち。
    006未来を見据えた収納スペースのかたち。
    「収納を増やし、余分な家具がなく、すっきりとした空間をつくりたい」。お客様からのよくあるご要望です。
    記事を読む
  21. 薪ストーブの楽しみ方。
    005薪ストーブの楽しみ方。
    まだまだ寒い日が続きます。今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。
    記事を読む
  22. kinotoオリジナルワインについて
    004kinotoオリジナルワインについて
    ご竣工いただいたお客様に、お祝いの品としてkinotoオリジナルラベルのワインを贈らせていただいております...
    記事を読む
  23. デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    003デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    全国で住宅設計を行うデザイナーと、一流の大工が、センスと技術を融合させて生まれます。
    記事を読む
  24. 『kinoto』ブランドネームの由来。
    002『kinoto』ブランドネームの由来。
    kinoto(きのと)というブランドネームは、日本語の「乙(おつ/きのと)」から生まれました。
    記事を読む
  25. コラム、はじめます。
    001コラム、はじめます。
    このページでは、kinotoが考える家づくりのお話を書いていきます。
    記事を読む