kinoto Column

008. 子育てと家づくり

リビングにある造作家具。文机のように使える。

kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、
非常に密接なものだと考えています。
なぜなら、子どもたちは多くの時間を家の中で過ごし、
多くの体験と学びを吸収していくからです。

家の設計という視点で子育てや教育を考えたとき、
重要となるのは「変化」ではないでしょうか。
毎日、同じことが同じように流れる空間では瑞々しい感性は育ちません。

例えば勉強する場所。
子ども部屋の机に限定するのではなく、
リビング周辺などにも自由に使える造作デスクや本棚を配置すれば、
気分の切り替えや、日々変化していく興味にも対応できる場所が生まれます。
もちろん、学びの中で親子のコミュニケーションが
活発になることも大きなメリットと言えるでしょう。

季節を取り込む、リビングと庭の関係。

また、季節の変化を感じ取ることができる庭の存在も大切な要素。
遊び場にも、学びの場にも、交流の場にもなる庭は、
子育てにおいても大きな位置を占めます。

もちろん、年齢やご兄弟の人数などによって、
最適なかたちは何通りもあります。

また、子どもたちの成長は想像以上に早く、
現在の状況だけで家のプランをつくることは難しいと言えるでしょう。

だからこそ、kinotoでは、何年も先の成長を見据えた上で、
子どもたちの可能性を最大限に広げられる家づくりをご提案しています。

  1. あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    012あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    昨秋、kinotoギャラリーの庭を手がけた庭師の方が三十代後半という若さで亡くなりました。kinotoの...
    記事を読む
  2. ポーチ - エントランス - ストレージの関係
    011ポーチ - エントランス - ストレージ...
    ポーチは家の出入りの時に、外と中を繋げる「間」となる、準備空間です。「家についてすぐに玄関」のドアではな...
    記事を読む
  3. 新ブランドコンセプト「This is NORMAL.」について。
    010新ブランドコンセプト「This is N...
    「kinotoの家づくり」を考え抜き、思索を重ねる中でつかんだ答えが「NORMAL」でした。
    記事を読む
  4. 家事をデザインするということ
    009家事をデザインするということ
    「家事を楽しく」という提案は、多くの人が行ってきました。しかし、「楽しくする」だけでいいのでしょうか?
    記事を読む
  5. 子育てと家づくり
    008子育てと家づくり
    kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、非常に密接なものだと考えています。
    記事を読む
  6. 土間...古くて新しい空間のご提案。
    007土間...古くて新しい空間のご提案。
    『kinoto』では、土間を再評価し、「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れています。
    記事を読む
  7. 未来を見据えた収納スペースのかたち。
    006未来を見据えた収納スペースのかたち。
    「収納を増やし、余分な家具がなく、すっきりとした空間をつくりたい」。お客様からのよくあるご要望です。
    記事を読む
  8. 薪ストーブの楽しみ方。
    005薪ストーブの楽しみ方。
    まだまだ寒い日が続きます。今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。
    記事を読む
  9. kinotoオリジナルワインについて
    004kinotoオリジナルワインについて
    ご竣工いただいたお客様に、お祝いの品としてkinotoオリジナルラベルのワインを贈らせていただいております...
    記事を読む
  10. デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    003デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    全国で住宅設計を行うデザイナーと、一流の大工が、センスと技術を融合させて生まれます。
    記事を読む
  11. 『kinoto』ブランドネームの由来。
    002『kinoto』ブランドネームの由来。
    kinoto(きのと)というブランドネームは、日本語の「乙(おつ/きのと)」から生まれました。
    記事を読む
  12. コラム、はじめます。
    001コラム、はじめます。
    このページでは、kinotoが考える家づくりのお話を書いていきます。
    記事を読む