kinotoというブランドの過去と現在、そして未来について。

22010003.jpg

奈良のまちにロングデザイン住宅を。
その想いを育んだ原体験。

kinotoが誕生したのは2013年のこと。
母体である建築会社「株式会社アーキネット」から、
木造注文住宅に特化したブランドとしてスタートしました。

西吉野に生まれて林業を営んでいた祖父。
同じく西吉野で生まれ建築業界に進み会社をつくった父。
そして、その二人の背中を見ながら、奈良の古き良き街並みや田園風景の中で育った私...
自分を育んでくれたものと向き合う中で、
「産地が見える木材で、つくり手の顔が見える丁寧な家づくり」がしたい。
という想いを抱くようになったのが、
kinoto誕生の背景にありました。

一方で、関西の住宅市場は分譲住宅が半数以上を占めており、
とりわけ奈良エリアでは、大手による開発が進んでいました。
そのこと自体が悪いことだとは言いません。
しかし、大規模な宅地開発によって変えられた街並みはなかなか元に戻せない。
大量生産された素材・建材を使用した家は、
メンテナンスを怠るとたちまち劣化していってしまい、
せっかくの景観を残念なものにしてしまう...

少年時代から見続けてきた風景が変わっていく中で、
自分がやりたいこと、やるべきことは、
「普遍的で恒久的なロングデザインの家づくり」であると考えるようになりました。

求めている人は確かにいる。
でも、つくり手がいなかった。

21090303.jpg

kinoto立ち上げの準備段階として、
私が理想とするロングデザインの家をいっしょにつくった数組のお客さまの話をうかがい、
1冊のブックにまとめていきました。そのとき、改めて見えてきたことがあります。

それは、分譲優位の住宅市場にあっても、
ロングデザインの家を求めている人たちは確実にいる。
そして、私たちと丁寧にかたちにした家で、
ここちよく暮らしていただけている...ということでした。
このときの発見を元に生まれたのが、
kinotoの最初のコンセプト「どこにもなかった、かたちとここち。」でした。
「例え少数でもロングデザインの家を求めている人たちがいるのなら、
それをかたちにしていこう」。
そんな想いを込めた言葉です。

そもそも、本格的な木造注文住宅、
いわゆるデザイン住宅の市場自体がないに等しい当時の奈良エリアにあって、
敢えて「ない市場」を切り拓こうと決意できたのは、
お客さまの声と想いがあったからこそだと思います。

実は最近、当時建てた家におじゃまする機会がありましたが、
10年近い時間を経てもなお素直に「心地いい」と感じることができました。
これは、決して自画自賛ではありません。
なぜなら、その心地よさは、
建てた私たちの設計や技術だけの力だけでは生み出せないものだからです。
長いときをそこで過ごしてきたお客さまの暮らし方が、
建てたとき以上の魅力や心地よさをつくり出している。
何よりもその事実に感動しました。

新しい暮らし方を提案していく。
新しいふつうをデザインしていく。

DSC06640.jpg

kinotoの家づくりには、ひとつに定まったスタイルがありません。
それは、プランニングする上で、そこで暮らす人が今求めていることに応え、
5年後、10年後、20年後に必要になることを読み解いていくことを大切にしているから。
つまり、「対話を重ねたお客さまの数だけ正解がある」。
kinotoが目指すのはそんな家づくりです。

定まったスタイルはありませんが、大切にしているポイントはあります。
それは、長期的な視点に立った使い心地の追求。
キッチンやパウダールーム、ウォークインクローゼットといった、
家事に重きを置いた提案が多いのは、
日常のちょっとした時短や便利さ、快適さを高めることで、
その先、数十年に及ぶ暮らし方を快適にしていただきたいから。

こうした提案が多くのお客さまに受け入れられ、
かたちになっていく中で、
「kinotoの提案を特別なことではなく、新しいふつうにしていきたい」という想いが強くなり、
2016年、「どこにもなかった、かたちとここち。」という、
ある種、お客さまの「受け皿」のような存在をイメージしてつくったコンセプトを、
「This is NORMAL.=これがふつうである」にリニューアルしました。
「新しい暮らし方を提案し、新しいふつうをデザインしていく」。
kinotoの新たな挑戦がはじまりました。

柔軟だから広がる。
多様性があるから成長できる。

21090305.jpg

kinotoの家づくりに一定のスタイルがないという特徴には、
ひとつのこだわりがあります。
それは、社外の建築士やデザイナーと積極的にコラボレーションすることで、
多様なニーズにお応えしながら、
社内の設計力も磨いていく。という柔軟な姿勢。

これは、私が音楽活動をしていた頃の師匠、
村上ポンタ秀一さんの言葉である、
「いいドラマーになりたければ、ひとりの師につくな」と通じるものでもあり、
お客さまにとっては選択肢が増え、
協業先との切磋琢磨も進む、メリットの多い設計スタイルです。

しかし、このスタイルはどの会社でもできることではありません。
なぜなら、多様な設計をかたちにするには、高度な施工技術が必要不可欠だから。
kinotoには、長年にわたって木造建築を手がけてきた熟練の専属大工たちがついており、
難しいデザインも細やかにかたちにできる。これも大きな強みになっています。

多様な設計を柔軟に取り入れ提案していくこと。
その中で互いに高め合える関係を築いていけること。
それをかたちにできる確かな技術があること。

この三位一体の力があることは、まちがいなくkinotoの大きな強みであると言えます。

家の「内側」から「外側」へ。
まちづくりの担い手を目指して。

DSC06811.jpg

家づくりを続けてきて日々感じるのは、
「私たちが日々つくっている家には、地域を変えていく力がある」ということ。

解体や整地工事がはじまり、地鎮祭を経て、kinotoののぼりが立つ。
それだけで、地域の目を集めることになりますし、
近隣に暮らす人たちの住まいに対する関心が高まることを肌で感じるようになりました。
実際に、新築を建てはじめたエリアで、別のお客さまからリフォームのご相談があったりするのは、
そのわかりやすい例です。

また、最近は、店舗やクリニックなどを手がけることもあり、
人が集まる空間が生まれることで、その地域が活性化し、
新しい人の輪が生まれていくというケースも増えてきました。

kinotoの家づくりは、今、家というプライベートな空間のクオリティを追求することから、
徐々に、家を取り巻く街並みや景観というパブリックな場へと広がりはじめています。
街並みや景観...地域の魅力は、そこに住む人にとっての共有財産であり、
家のつくり手である私たちにとっても重要な意味があります。

私をはじめ、多くの人たちが愛してきた街並み、景観を、
家づくりという事業を通じて、いかに保ち、いかに高め、いかに次代へと継承していくか?
奈良に限らず、家づくりを手がけるすべての地域でその答えをかたちにしていくことこそが、
これからのkinotoの使命だと考えています。

家づくりから、まちづくりへ。

世代や時代を超えた視点に立ち、
そこに暮らすお客さまとともに地域の価値を高めていける。
そんな住宅ブランドを目指し、
kinotoは挑戦と成長を重ねていきます。

2022年1月
kinoto代表 向井克隆

  1. kinotoというブランドの過去と現在、そして未来について。
    035kinotoというブランドの過去と現在、...
    kinotoが誕生したのは2013年のこと。母体である建築会社「株式会社アーキネット」から、木造注文住...
    記事を読む
  2. 土地探しの新たな選択肢、「空家付きの土地」のすすめ。
    034土地探しの新たな選択肢、「空家付きの土地...
    「新しい家を建てたいけれど、思うような土地と出会えない......」そんな悩みを抱えているお客さまのため...
    記事を読む
  3. 多様化する暮らし方、働き方のかたち
    033多様化する暮らし方、働き方のかたち
    kinotoの お客さまの中には、個人事業主や経営者の方も多く、住まいと仕事場の機能を併せ持つ、併用住宅...
    記事を読む
  4. 生前贈与を家づくりに活かすための基礎知識。
    032生前贈与を家づくりに活かすための基礎知識...
    前回、「家族みんなで考えたい、相続と家づくりの話。」というコラムで、相続税や、相続と家づくりの関係性に関...
    記事を読む
  5. 家族みんなで考えたい、相続と家づくりの話。
    031家族みんなで考えたい、相続と家づくりの話...
    相続は家族全体の問題。財産を家族に託す側にも、託される側にも、そして、その先の世代の子どもたちにも関係...
    記事を読む
  6. 「もっと学びたい!」を、間取りでつくる。
    030「もっと学びたい!」を、間取りでつくる。
    子どもたちがのびのびと暮らせるような家、自然といろんなことを学んでみたくなるような家、家族みんなでのコ...
    記事を読む
  7. 毎日のことだからこそ考えたい、家事動線。
    029毎日のことだからこそ考えたい、家事動線。
    家づくりを進める際に大切なのは、日々の家事のパターンをしっかりと理解することです。一言に家事と言って...
    記事を読む
  8. 洗面室をおしゃれなドレスルームにすると、身支度の時間が楽しくなる
    028洗面室をおしゃれなドレスルームにすると、...
    そもそも、洗面室は何をするための空間でしょうか?まずは、顔を洗って歯を磨くところ。入浴前後の着替えはも...
    記事を読む
  9. ステイホームの楽しみ方。~アウトドアリビングで食事編~
    027ステイホームの楽しみ方。~アウトドアリビ...
    最近は、ステイホームやテレワークというライフスタイルが徐々に馴染んできたイメージがあります。いわゆる...
    記事を読む
  10. 中庭だからこそ楽しめるライフスタイルとは。
    026中庭だからこそ楽しめるライフスタイルとは...
    家を建てるときは、「どういう庭をつくるか」も大切な視点になってきます。中でもよく聞こえてくるのは、「明る...
    記事を読む
  11. 本棚があると、暮らしはもっと豊かになる。
    025本棚があると、暮らしはもっと豊かになる。
    本を読むという行為は、人が昔から大切にしてきた文化のひとつ。どんな絵本を読んで育ったのか、どんなジャ...
    記事を読む
  12. 階段を「どうつくるか」で、家全体の精度をあげる。
    024階段を「どうつくるか」で、家全体の精度を...
    家を2階建てや3階建てにする場合、欠かせないのが階段です。「階段なんて、ただ上の階に上がったり、下の階に下...
    記事を読む
  13. 空間を活かした、書斎の新しいスタイル。
    023空間を活かした、書斎の新しいスタイル。
    仕事や趣味に集中するのにピッタリな「書斎」。しかし最近は、「自分の部屋よりも、家族みんなで過ごすリビン...
    記事を読む
  14. その農地、住宅として活用してみませんか。
    022その農地、住宅として活用してみませんか。
    「所有している田畑を有効に活用したい」「使われなくなった実家の農地に家を建てることができるのだろうか」...
    記事を読む
  15. 移住、二拠点生活......「奈良で暮らす」という選択。
    021移住、二拠点生活......「奈良で暮ら...
    法隆寺や奈良公園など、多くの観光資源を擁する古都・奈良。国内外から年間約1700万人が訪れる※1人気の観...
    記事を読む
  16. 洗面室にこだわれば、暮らしがもっと豊かになる。
    020洗面室にこだわれば、暮らしがもっと豊かに...
    みなさんは、洗面室にはどんな役割があると考えていますか。入浴の際に使うスペース、顔や手を洗う場所、身支度...
    記事を読む
  17. 家事室があると、日々の雑事が軽減するという方程式。
    019家事室があると、日々の雑事が軽減するとい...
    家事室というちょっとしたスペースがあると家族の生活はどのように変わっていくのでしょうか。家族がいれば、家...
    記事を読む
  18. キッチンが中心にある家をお勧めする理由
    018キッチンが中心にある家をお勧めする理由
    キッチンが中心にある家とは、どんな家でしょうか。家で過ごす時間の中で、家族が集まる場所と言えば、食事時の...
    記事を読む
  19. 本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストーブの良さを、知り尽くす。
    017本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストー...
    一戸建てでは、幅広い選択肢の中から暖房器具を選ぶことができます。今回はその中でも薪ストーブについて見てい...
    記事を読む
  20. 職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る店舗併用住宅のススメ
    016職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る...
    店舗併用住宅というと、お店を経営する人だけのものと思ってしまうかもしれませんが、昨今の働き方改革で、在宅で...
    記事を読む
  21. ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージをもっと、楽しもう。
    015ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージ...
    一戸建てにはガレージ。そんな風になんとなくセットで考えていませんか?実はガレージは車を止めておく以外にも...
    記事を読む
  22. 平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です。
    014平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です...
    平屋とは、1階建ての家のことです。2階建てや3階建てが主流の今ですが、なぜ平屋が贅沢なのか、なぜ平屋で...
    記事を読む
  23. アウトドアリビングは、どこまで楽しめる? 限界を作らない暮らし方、楽しみ方のアイデア
    013アウトドアリビングは、どこまで楽しめる?...
    「アウトドアリビング」とは、家の外にあるリビング的な役割のことですが、使い方や作り方のアイデアも実に様々...
    記事を読む
  24. あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    012あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    昨秋、kinotoギャラリーの庭を手がけた庭師の方が三十代後半という若さで亡くなりました。kinotoの...
    記事を読む
  25. ポーチ - エントランス - ストレージの関係
    011ポーチ - エントランス - ストレージ...
    ポーチは家の出入りの時に、外と中を繋げる「間」となる、準備空間です。「家についてすぐに玄関」のドアではな...
    記事を読む
  26. 新ブランドコンセプト「This is NORMAL.」について。
    010新ブランドコンセプト「This is N...
    「kinotoの家づくり」を考え抜き、思索を重ねる中でつかんだ答えが「NORMAL」でした。
    記事を読む
  27. 家事をデザインするということ
    009家事をデザインするということ
    「家事を楽しく」という提案は、多くの人が行ってきました。しかし、「楽しくする」だけでいいのでしょうか?
    記事を読む
  28. 子育てと家づくり
    008子育てと家づくり
    kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、非常に密接なものだと考えています。
    記事を読む
  29. 土間...古くて新しい空間のご提案。
    007土間...古くて新しい空間のご提案。
    『kinoto』では、土間を再評価し、「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れています。
    記事を読む
  30. 未来を見据えた収納スペースのかたち。
    006未来を見据えた収納スペースのかたち。
    「収納を増やし、余分な家具がなく、すっきりとした空間をつくりたい」。お客様からのよくあるご要望です。
    記事を読む
  31. 薪ストーブの楽しみ方。
    005薪ストーブの楽しみ方。
    まだまだ寒い日が続きます。今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。
    記事を読む
  32. kinotoオリジナルワインについて
    004kinotoオリジナルワインについて
    ご竣工いただいたお客様に、お祝いの品としてkinotoオリジナルラベルのワインを贈らせていただいております...
    記事を読む
  33. デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    003デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    全国で住宅設計を行うデザイナーと、一流の大工が、センスと技術を融合させて生まれます。
    記事を読む
  34. 『kinoto』ブランドネームの由来。
    002『kinoto』ブランドネームの由来。
    kinoto(きのと)というブランドネームは、日本語の「乙(おつ/きのと)」から生まれました。
    記事を読む
  35. コラム、はじめます。
    001コラム、はじめます。
    このページでは、kinotoが考える家づくりのお話を書いていきます。
    記事を読む