kinoto Column

005. 薪ストーブの楽しみ方。

40427.jpg

まだまだ寒い日が続きます。
今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。

kinotoでも、薪ストーブは人気のアイテムです。
エアコンやファンヒーターにはない、やわらかな温もり。
家族でゆったりと火を囲むひとときは、
生活の中に、なにものにも代えがたい贅沢な味わいを生み出してくれます。

しかし、薪の確保や保管、火の管理や機具のメンテナンスなど、
手間がかかるイメージもあり、導入を迷われているお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなお客様のために、薪ストーブ専門店『焔鹿』の運営もしている、
kinotoから、薪ストーブの基礎知識をご紹介しましょう。

IMG_002.JPG


■薪の確保
薪は近所のホームセンターや製材所などから購入するのが一般的です。
薪は燃えやすい大きさに割ってから、水分を十分に抜くために、
1年〜2年乾燥させることをおすすめしております。
薪割りに最適なシーズンは立木の水分が少なくなる秋口です。
薪割りは重労働ですが、家族で楽しみながら用意するのも醍醐味のひとつ。
もちろん、薪の確保についてもサポートいたしますので、まずはご相談ください。


■薪の保管
家の裏手などに保管場所を設ける方が多いようです。
湿気は大敵なので、雨がしのげる屋根はほしいところ。
必要であれば、置き場の設置もお手伝いいたします。


■機具のメンテナンス
各種道具が必要ですが、シーズンインの点検整備などは、
専門の業者をご紹介することも可能です。


■火の管理
エアコンやファンヒーターと違い、タイマー機能などはありません。
家を暖めたいときは朝から火を入れ、じっくりと暖める必要があります。
また、当然ですが、お出かけの際はしっかり消化しなければなりません。
この点は非常に不便な部分なのですが、薪ストーブ愛好家の方々は、
この不便さも含めて楽しまれているようです。


...いかがでしたか。
薪ストーブは現代の電化製品に比べれば不便な部分もあります。
しかし、「家を暖める」という目的に対して、
薪を用意したり、お手入れをしたりする時間を家族で共有できることは、
とても素敵なことだと思いませんか。

もしも、新しい家づくりをご検討中で、
薪ストーブの導入をお考えであれば、
ぜひ一度、kinotoのギャラリーに遊びにいらしてください。
薪ストーブに精通したスタッフが、現物を交えながら、
その魅力についてご案内させていただきます。

  1. あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    012あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    昨秋、kinotoギャラリーの庭を手がけた庭師の方が三十代後半という若さで亡くなりました。kinotoの...
    記事を読む
  2. ポーチ - エントランス - ストレージの関係
    011ポーチ - エントランス - ストレージ...
    ポーチは家の出入りの時に、外と中を繋げる「間」となる、準備空間です。「家についてすぐに玄関」のドアではな...
    記事を読む
  3. 新ブランドコンセプト「This is NORMAL.」について。
    010新ブランドコンセプト「This is N...
    「kinotoの家づくり」を考え抜き、思索を重ねる中でつかんだ答えが「NORMAL」でした。
    記事を読む
  4. 家事をデザインするということ
    009家事をデザインするということ
    「家事を楽しく」という提案は、多くの人が行ってきました。しかし、「楽しくする」だけでいいのでしょうか?
    記事を読む
  5. 子育てと家づくり
    008子育てと家づくり
    kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、非常に密接なものだと考えています。
    記事を読む
  6. 土間...古くて新しい空間のご提案。
    007土間...古くて新しい空間のご提案。
    『kinoto』では、土間を再評価し、「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れています。
    記事を読む
  7. 未来を見据えた収納スペースのかたち。
    006未来を見据えた収納スペースのかたち。
    「収納を増やし、余分な家具がなく、すっきりとした空間をつくりたい」。お客様からのよくあるご要望です。
    記事を読む
  8. 薪ストーブの楽しみ方。
    005薪ストーブの楽しみ方。
    まだまだ寒い日が続きます。今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。
    記事を読む
  9. kinotoオリジナルワインについて
    004kinotoオリジナルワインについて
    ご竣工いただいたお客様に、お祝いの品としてkinotoオリジナルラベルのワインを贈らせていただいております...
    記事を読む
  10. デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    003デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    全国で住宅設計を行うデザイナーと、一流の大工が、センスと技術を融合させて生まれます。
    記事を読む
  11. 『kinoto』ブランドネームの由来。
    002『kinoto』ブランドネームの由来。
    kinoto(きのと)というブランドネームは、日本語の「乙(おつ/きのと)」から生まれました。
    記事を読む
  12. コラム、はじめます。
    001コラム、はじめます。
    このページでは、kinotoが考える家づくりのお話を書いていきます。
    記事を読む