kinoto Column

職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る店舗併用住宅のススメ

IMG_0031.JPG

店舗併用住宅というと、お店を経営する人だけのものと思ってしまうかもしれませんが、昨今の働き方改革で、在宅で仕事をするリモートワーカーも増えています。
職住近接の生活の魅力と、店舗併用住宅を作る際の工夫を見ていきましょう。

【店舗併用住宅の魅力・その1】
店舗と住宅の併設に、多くのスペースは不要です。

20051302.jpg

スペースがないからと言って、店舗併用住宅を諦めるのは、実にもったいない。
その場所に合うコンセプトを考えて、小さくてもくつろげる空間、魅せる空間を作ることは可能です。
住宅街にある、ちょっとした非日常を感じるスペースというのは狭い方が落ち着くということもあるでしょう。

この物件をLook Bookでみる

【店舗併用住宅の魅力・その2】
動線を分けることで、公私の区別をつける。

20051303.jpg

営業している部分と、家族のスペースを切り分けること。
これは、お店や事務所を運営する側の気持ちの切り替えとしても大事なことです。
例えばスペースの関係上、入り口が一つしか作れない場合は、動線が混じらないようにするだけでも効果的です。
何事も、大げさに考えず、緩やかに仕切ることで柔軟に対応できるのも職住近接のメリットです。

この物件をLook Bookでみる

【店舗併用住宅の魅力・その3】
リノベーションで、古いものの魅力を再発見する

20051304.jpg

今現在、自分が住んでいる家を店舗併用住宅に改築したい方もいらっしゃるでしょう。
そこは是非、今の家の魅力を活かした店舗づくり、ワークスペースづくりをして頂きたいと思います。
長い歴史を経て風味を増した材料や設えに現代のデザインをプラスすることで、新たな魅力を再発見できる空間になるでしょう。

この物件をLook Bookでみる

【店舗併用住宅の魅力・その4】
気軽にアイデアを試すことが出来る。

20051305.jpg

鉄は熱いうちに打てとよく言われますが、仕事をする上で新しいアイデアはすぐに試したいという方もいらっしゃるでしょう。
思いついたとき、いつでもそこに仕事場があるという事も、店舗併用住宅の魅力の一つです。
すぐ試すことができれば、うまくいかなかった時のリカバリーも早いですよね。

この物件をLook Bookでみる

店舗併用住宅といっても、気構えず小さいスペースからできそうだという事がお分かりいただけましたでしょうか。店舗併用住宅には通勤時間がなくなることで、増えた時間を有効に使えるというメリットがあります。
また、その反面、公私の区別を付けることが難しいという側面もあります。そのようなデメリットも、動線を分けるなど、空間の作り方次第で改善していくことがでそうです。いつかはと思っていた皆さんも、この機会に店舗併用住宅の実現に向けて考えてみてはいかがでしょうか。

  1. 本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストーブの良さを、知り尽くす。
    017本物の暖かさを手に入れませんか。薪ストー...
    一戸建てでは、幅広い選択肢の中から暖房器具を選ぶことができます。今回はその中でも薪ストーブについて見てい...
    記事を読む
  2. 職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る店舗併用住宅のススメ
    016職住近接でストレスフリーな暮らしが出来る...
    店舗併用住宅というと、お店を経営する人だけのものと思ってしまうかもしれませんが、昨今の働き方改革で、在宅で...
    記事を読む
  3. ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージをもっと、楽しもう。
    015ガレージは、車の為だけにあらず。ガレージ...
    一戸建てにはガレージ。そんな風になんとなくセットで考えていませんか?実はガレージは車を止めておく以外にも...
    記事を読む
  4. 平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です。
    014平屋。本物の贅沢とは、こんな暮らし方です...
    平屋とは、1階建ての家のことです。2階建てや3階建てが主流の今ですが、なぜ平屋が贅沢なのか、なぜ平屋で...
    記事を読む
  5. アウトドアリビングは、どこまで楽しめる? 限界を作らない暮らし方、楽しみ方のアイデア
    013アウトドアリビングは、どこまで楽しめる?...
    「アウトドアリビング」とは、家の外にあるリビング的な役割のことですが、使い方や作り方のアイデアも実に様々...
    記事を読む
  6. あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    012あたりまえに、誠実に、丁寧に。
    昨秋、kinotoギャラリーの庭を手がけた庭師の方が三十代後半という若さで亡くなりました。kinotoの...
    記事を読む
  7. ポーチ - エントランス - ストレージの関係
    011ポーチ - エントランス - ストレージ...
    ポーチは家の出入りの時に、外と中を繋げる「間」となる、準備空間です。「家についてすぐに玄関」のドアではな...
    記事を読む
  8. 新ブランドコンセプト「This is NORMAL.」について。
    010新ブランドコンセプト「This is N...
    「kinotoの家づくり」を考え抜き、思索を重ねる中でつかんだ答えが「NORMAL」でした。
    記事を読む
  9. 家事をデザインするということ
    009家事をデザインするということ
    「家事を楽しく」という提案は、多くの人が行ってきました。しかし、「楽しくする」だけでいいのでしょうか?
    記事を読む
  10. 子育てと家づくり
    008子育てと家づくり
    kinotoでは、子育てや教育と家の関係は、非常に密接なものだと考えています。
    記事を読む
  11. 土間...古くて新しい空間のご提案。
    007土間...古くて新しい空間のご提案。
    『kinoto』では、土間を再評価し、「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れています。
    記事を読む
  12. 未来を見据えた収納スペースのかたち。
    006未来を見据えた収納スペースのかたち。
    「収納を増やし、余分な家具がなく、すっきりとした空間をつくりたい」。お客様からのよくあるご要望です。
    記事を読む
  13. 薪ストーブの楽しみ方。
    005薪ストーブの楽しみ方。
    まだまだ寒い日が続きます。今回は薪ストーブについてお話しさせていただきたいと思います。
    記事を読む
  14. kinotoオリジナルワインについて
    004kinotoオリジナルワインについて
    ご竣工いただいたお客様に、お祝いの品としてkinotoオリジナルラベルのワインを贈らせていただいております...
    記事を読む
  15. デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    003デザイナーと大工。つくる人間の関係。
    全国で住宅設計を行うデザイナーと、一流の大工が、センスと技術を融合させて生まれます。
    記事を読む
  16. 『kinoto』ブランドネームの由来。
    002『kinoto』ブランドネームの由来。
    kinoto(きのと)というブランドネームは、日本語の「乙(おつ/きのと)」から生まれました。
    記事を読む
  17. コラム、はじめます。
    001コラム、はじめます。
    このページでは、kinotoが考える家づくりのお話を書いていきます。
    記事を読む